浮気調査アプリの機能とアプリを使用する際の注意点


パートナーが浮気をしているかもしれない。それを確認するにはまずパートナーのスマホの中の情報を入手するのが最短距離です。

浮気相手の連絡先も、浮気相手との連絡手段も、多くの人はスマホを利用して行っています。

ではそんなパートナーのスマホの中身を覗くにはどうすべきか?
一番単純な方法はスマホを勝手に操作することですが、それだけではなくスマホのGPS機能を利用して、パートナーの行動監視もしようと思えば、それが可能なアプリを利用するしかありません。そこで今回は浮気調査に使えるアプリをいくつかご紹介しましょう。

最初に絶対知っておくべきこと


これは大前提となりますが、「他人のスマホに勝手に浮気調査アプリをインストールする」ことは違法行為にあたります

刑法168条の2「不正指令電磁的記録共用罪」にあたり、3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金に処されます。

ちなみに他人のパスワードやIDを不正に取得してログインするのは「不正アクセス禁止法」にあたります。

このようにたとえ婚姻関係にあるといっても、自分以外のスマホに勝手にアプリをインストールしたり、勝手にIDやパスワードを盗むのは犯罪行為です。

決してこのような行為は行はないようにしましょう。

浮気調査に使えるアプリとは?

浮気調査にスマホのアプリを利用すると考えると、どのようなアプリが最適でしょう?

相手のメールやSNSをチェックできる、GPSを利用して現在の居場所を知ることができるなどが、必要な機能の候補といえるでしょう。

そうなると使えるのは、盗難時および紛失時に力を発揮できるアプリといえるでしょう。

そんなアプリをいくつか紹介していきましょう。
くれぐれも無断でインストールするようなことはしないように気を付けてください。

浮気調査にオススメのアプリ@ life360


「life360」はアンドロイドでもiPhoneでも使えるアプリで、米国製ですが日本でのプロモーションはYahoo Japanが行っており、アプリとしての信頼度は非常に高いといえます。

自分と相手のスマホにアプリをインストールし、同じサークルに登録することで相手のGPS情報などが簡単に入手できます。

使い方は簡単で、まずお互いのスマホにアプリをインストールし起動します。
片方がもう一方を招待することで同じサークルに参加する形になります。

同じサークルに参加したら、アプリの設定で「GPS通知」をONにし、スマホ側の設定もGPS通知をONにします。

これで同じサークルに参加しているメンバーのGPS情報が入手できるということに。

このアプリは基本的に位置情報の共有アプリになりますので、SNSの内容やスマホの遠隔操作などはできません。

公式ページはコチラ
Life360 - The New Family Circle

浮気調査にオススメのアプリA mSpy


「mSpy」はモニタリングアプリの中でも最強との呼び声が高いアプリになります。

最大の特徴はインストールしてあることがバレにくいこと。
つまり不可視化機能を搭載しているため、アプリがインストールされているかどうかがパッと見分からないというところでしょう。

このアプリでできることはGPS位置情報の取得、遠隔撮影、LINEやtwitterなどのSNSの閲覧、webサイトの履歴閲覧、通話履歴、メール履歴、写真、連絡先などなど。

とにかくスマホの中にある情報は、外部のPCなどからほとんど閲覧できてしまうという優れものです。

このアプリの注意点は有料であること。
1ヶ月69.99米ドル、3ヶ月119.99米ドル、12ヶ月199.99米ドルが必要になりますので、しっかり吟味してからインストールするかどうか決めましょう。

公式ページはコチラ
mSpyは、最強のモニタリングアプリです。

浮気調査にオススメのアプリB TrackView


「TrackView」を利用するのはgoogleアカウントを利用して、インストールしているスマホのカメラを遠隔操作できます。

さらにGPSによる位置情報の確認も可能。
遠隔操作でのアラーム操作も可能ですが、これは浮気調査とは直結しない機能ですのでここでは触れずにおきましょう。

TrackViewを任意のスマホにインストールし、お手持ちのPCにもTrackViewのソフトをインストールします。

あとは設定を行えば、自宅のPCからスマホのカメラを遠隔操作します。
GPSの位置情報機能で相手の居所を把握し、必要なタイミングで浮気の証拠となる動画を撮影することで、浮気調査に転用できるアプリといえます。

公式ページはコチラ
TrackView | Total Security at Home and On-the-Go

浮気調査にオススメのアプリC Prey Anti Theft


「Prey Anti Theft」は盗難時用に開発されたアプリになり、アンドロイドでもiPhoneでもインストールできる無料アプリです。

有料版もありますが、ここでは無料版を前提に解説していきましょう。

このアプリでできるのは、遠隔操作によるスマホのロックやアラームの設定、そしてGPS情報の確認やメール通知になります。

これを浮気調査に転用することを考えると、やはり有用なのはGPS情報の入手でしょう。

この情報を自宅のPCで確認できるので、怪しい行動があると思ったらPCで確認してみましょう。

公式ページはコチラ
Prey Anti theft 公式ページ

浮気調査にオススメのアプリD Phonedeck

「Phonedeck」は遠隔操作でスマホの様々な操作が可能なアプリです。

本来は仕事をする際の電話管理をするためのアプリですから、GPSでの位置情報の取得や、メールやSNSの確認、さらに遠隔操作による録音や撮影、さらに通話履歴なども閲覧可能です。

浮気調査をするためにはベストな機能が満載のアプリですが、難点としてはアプリ起動時に必ず通知が出てしまうこと。

そもそも仕事上でのスマホ管理アプリですから、これは仕方ないかもしれません。
浮気調査には向かないかもしれませんね。

スマホのアプリを隠す方法


スマホのアプリの問題点としては、アプリのアイコンがスマホの画面上に出てしまうこと。

これを隠す方法がなくはありません。

まずはiPhoneの場合。iPhoneの場合は、隠したいアイコンを長押しして移動できる状態にします。

このアプリを他のアイコンに直接ぶつけると、画面上にはフォルダが出現します。
この時隠したいアイコンを、フォルダの外に置くように指を離すと、アイコンが画面上から消えて見えなくなります。

この方法は電源を入れなおしたり、デスクトップの整理をされると状態は戻ってしまいますので完ぺきな方法ではありません。

アンドロイドの場合は、「アプリのアイコンを隠すアプリ」という便利な無料アプリがあります。このアプリを利用すれば、画面上のアイコンを消した状態にできます。

ただし、繰り返しになりますが、他人のスマホを勝手に操作するのは犯罪ですのでご注意ください。

浮気調査にスマホアプリを利用するなら

浮気調査でスマホアプリを利用する場合、最大の難関はアプリをインストールする作業です。これを持ち主に無断で行ってしまうと、最初に触れた通り違法行為となり、後々あなたに不利な状況になりかねません。

では、アプリを使った浮気調査は不可能なのでしょうか?

これはまったく不可能というわけではありません。要は相手が自発的にこれらのアプリをインストールするようにすればいいわけで、その理由を上手にこじつければいいわけです。

例えばパートナーが過去にスマホを紛失したことがあれば、「また紛失したら困るから、自宅から探せるようにお互いインストールしておこう」とか、何らかの理由をつけて本人にインストールしてもらいましょう。

もし相手がインストールを意地でも拒むようであれば、その時点で浮気をしている可能性大。早々に探偵事務所などに依頼し、浮気調査をしてもらってもいいでしょう。

スマホアプリによる浮気調査は、インストールさせることを中心に考えておきましょう。